猫とワタシ

縦横無尽な脳内放出.。oO

これからは好きなことをして生きていく❛ั◡❛ั 

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する

野の草

スギナの粉末

P1000736.jpg
■栄養たっぷりのスギナ

クロロフィル(葉緑素)、サポニンの一種エキセトニン、フラボノイド類なども豊富。
ミネラル類(カルシウム、マグネシウム、鉄、ナトリウム、カリウム、亜鉛)
ビタミン類(ビタミンB1、B2、Cなど)やアミノ酸などミネラルの宝庫。


■粉末の作り方

※若芽を摘み、日向or日陰に1~2日干す。
②フライパンで弱火でパリパリになるまでいる。
③ミキサーorすり鉢で粉末にする。

摂取量は1日小さじ1杯。
保存は光にあたらない瓶など。
今回は、短期で食べきるので気にしない。

一方、以下の声もあり。
※妊婦さん・小さな子供さんは摂取しない方がいい。
※長期摂取は禁忌

スギナのふりかけ 

スギナと塩をご飯にのっけただけ。
味は、抹茶のような、つくしの胞子のような。

P1000741.jpg


栄養価が魅力なので味は二の次。
というか決してマズクはない。
ふりかけは、青海苔、干しえび、ゴマなど具材を足すと
もっと美味しいと思う。


長期摂取はよくないという話もあるので、
この時期の新芽だけを採集して、
これだけの量を食べたら今シーズンは終了。


※新芽だけを摂取というのは、
明確な根拠はなく、なんとなくパワーがありそうだから(イメージ)
あと、日光に当たると葉は固くなりまずくなるという(イメージ)があるから。
成長したスギナはお茶に使える。

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。